スポンサーリンク

E4甲 ギミック【第二次ハワイ作戦】2019春

2019春イベE4【第二次ハワイ作戦】ギミックと機動部隊での削りの概要と編成例です。

 

ゲージ破壊編成の記事はこちら。

E4甲 ゲージ破壊【第二次ハワイ作戦】2019春

 

海域情報

 

空母機動部隊で「機動部隊」の札、水上打撃部隊で「攻略部隊」の札が付きます。

札をつけ間違えると取り返しのつかないことになりかねないので、機動・水上両方の編成を出撃前にある程度決めておきましょう。

 

出撃地点を前進させるギミックを機動部隊メイン(一部水上部隊)で解除したのち、水上部隊でゲージ破壊する流れになります。

 

出撃地点前進ギミックの条件は

  • 防空時航空優勢?
  • JマスA勝利?
  • TマスS勝利
  • Kマス航空優勢
  • SマスS勝利
  • ボスゲージ3000程度削る?

以上?です。他にもあるかもしれないです。

 

編成例(機動部隊Tマス)

第一艦隊

第二艦隊

 

ACGIJLQT

低速艦と水母が必要?

上記編成で航空優勢可能

 

基地航空隊は陸攻4の1部隊をTに集中、陸戦陸攻混合の1部隊がJ集中です。必要行動半家は4、8です。

 

編成例(水上部隊KSマス)

 

BFHKNS

基地航空隊を含めてKマス優勢です。

 

基地航空隊は陸戦4の1部隊をKマス集中、陸攻2陸戦2をSマスに集中です。必要行動半径は、4、7です

 

編成例(ゲージ削り)

 

ACGJOV

水上電探4つ必要です。

上記編成でJマス以外は航空優勢をとれます。

キラ付けをしないとかなり厳しいです。A勝利率は半分もありませんでした。

道中決戦ともに支援必須。

 

基地航空隊は陸戦1陸攻3をボスに陸戦2陸攻2をJOマスに送っていました。必要行動半径はJが4、Oが6、Vが7です。

道中ボスともに陸攻がよく枯れていたので、陸戦や陸偵を増やすといいかもしれません。

 

 

コメント